家づくりの最初に何をする?

インテリアへのこだわり

注文住宅を建てるとすれば、理想のインテリアにしたい人も多いと思います。そこで、まずインテリアのこだわりのポイントを知っておくことが大事になります。インテリアの中で多くの人がこだわりの部分だと考えているのが収納です。かつて賃貸住宅に住んでいた人であれば収納の狭さには辟易しているはずです。賃貸物件で収納を多くしてしまうと、有効面積が減少し、その分家賃の相場が下がってしまいます。そこで賃貸住宅を建築する場合には収納はあまり広くしないように設計されているのです。
収納にこだわる場合には、今までの2倍から3倍の面積の収納があれば部屋の中が物置のようにならずに済みそうですが、逆に収納が広いと物が増えすぎるためほどほどの広さにするべきなのです。

外壁の色について考える

住宅はインテリアばかりではなくエクステリアも重要になります。エクステリアとは外観のことですが、意外と難しいのが外壁の色です。外壁の色は基本的には自由ですが、それぞれの色の持つ特徴を知っておくことが大事になります。
まず、オーソドックスな色は白です。白の特徴は家が大きく見える点です。また、明るいイメージが強く清潔感がある色ですので、多くの住宅の外壁が白系なのです。この点、白は汚れが目立つから別の色がいいという人もいますが、実際にはそれほど汚れは目立たない特徴があります。最近の住宅は茶色系、緑系の外壁が増えています。茶色系は和風な感じとともにアンティーク調の色でもあります。緑は濃い目の色であれば和風住宅でも洋風住宅でも似合う色なのです。